家がなくても大丈夫!生活保護申請を行うための手続きを紹介

住む家がないという状態でも生活保護申請はできる

記入する

ちょっと前までは信じられないことでしたが、今は住む家さえなくしてしまった人が少なくありません。たとえば、会社の寮などで生活していたけれど、会社を解雇されて寮を出なければならなくなってしまい、今はネットカフェなどを使って寝泊りをしているという状況も、それほど珍しい話ではありません。

仕事がないのですから当然のこと、生活するお金もないのです。こういう状況では生活保護申請をして、最低限の生活費を支給してもらうことが必要になります。しかし、生活保護申請をこれまでしたことがない人は、住む家がないのだから申請はできないのではないかと、躊躇してしまう場合もあるのではないでしょうか。

生活保護申請はたとえ住む家がない状態でも申請を行うことはできます。たとえば住民票が離れた実家にあるとしても、今いる地域の福祉事務所で生活保護申請をすることができるのです。確かに申請はそう簡単に通るとは限りませんが、明日の命にも不安がある状態ならば一刻も早く申請をすることが大切でしょう。

生活保護申請で知っておくべきことは、扶養義務がある親などから援助が受けられない状態であることが条件です。また、援助可能な場合でも国が定める最低生活費を下回る場合には、その不足分が支給されます。

NOTICE

記入する

住む家がないという状態でも生活保護申請はできる

ちょっと前までは信じられないことでしたが、今は住む家さえなくしてしまった人が少なくありません。…

公園の親子

生活保護申請で審査に通るための条件とは何か

生活保護は国や地域の大切な財源から出ていますので、これを何らかの手違いで受給してしまうことがな…

お任せください

本当に必要な場合には生活保護申請を諦めずに行うことが大切

今の世の中を考えれば、明日の生活もままならないという状況の人はたくさんいます。こんな場合には生…

高齢の男性

生活保護申請が通ればさまざまな扶助も受けることができる

働く意思があるのに働けないという人は今の世の中には多いです。そういう人たちが人並みに生活をする…